シルバー人材センターについて

■ シルバー人材センターとは 
■ シルバー人材センターのしくみ
■ 料金について
■ 適正就業ガイドライン
■ シルバー派遣事業

シルバー人材センターとは

全国各地で約80万人もの会員が元気に働いています。

● 高齢者にふさわしい仕事を家庭・企業・公共団体等から引き受け、会員に提供する公益法人です。

● 自主的な会員組織です。会員は自ら組織や事業の運営に参画します。

● 就業や収入の保障はありませんが、各人の希望と能力に応じた働き方ができます。

● 働くこと以外にも街路や公園の美化などのボランティア活動を行っています。

● 少子高齢化社会の中で、若い世代の子育てを支援し、元気な高齢者が支援の必要な高齢者を支えます。

● 高齢者の技能、技術を高めるために各種の講習を実施しています。


ページのトップへ戻る

シルバー人材センターのしくみ

すでに定年退職された方や、家業を後継者に譲られた方など、何かの仕事を通じて社会に貢献したいという高齢者の皆さんが集まって、高齢者に向いている仕事を発注者(家庭、事業所、公共団体等)から引き受けて働こうというのがシステムになっていますので、安心して働くことが出来ます。



ページのトップへ戻る

料金について

基準表の料金は、あくまでも時間単価の目安となります。お見積り・ご請求はご依頼いただいた作業を完成させた金額(請負金額)となります。

平成30年度請負料金基準表(PDFファイル)

※お仕事に係る材料代、燃料代は別途いただきます。
※この料金表にないおしごとでもまずはお電話でご相談ください。

ページのトップへ戻る

適正就業ガイドライン

シルバー人材センター適正就業ガイドライン(本文)

本ガイドラインは、請負、委任、派遣、職業紹介別の働き方の違いなど、シルバー人材センターの運営に携わる職員などの皆さまが、シルバー人材センターで働く高齢者の適正な就業を確保するために、留意すべきポイントをまとめたものです。
ガイドライン(本文)(PDFファイル)

シルバー人材センター適正就業ガイドライン(発注者用)

シルバー人材センターで働く高齢者の就業日数などの上限や、請負、委任、派遣、職業紹介といった高齢者の就業形態別の業務の実施方法などをご紹介します。
ガイドライン(発注者用)(PDFファイル)

シルバー人材センター適正就業ガイドライン(会員用)

シルバー人材センターで働く高齢者の皆さまの就業日数などの上限や、請負、委任、派遣、職業紹介といった就業形態別の働き方などをご紹介します。
ガイドライン(会員用)(PDFファイル)

ページのトップへ戻る

シルバー派遣事業

労働者派遣事業
シルバー人材センター事業として、「請負・委任」による就業に加え、事務系職種や専門職種など、高齢者の新たな就業機会の拡大を図るため、「シルバー派遣事業」を実施しています。
詳しくは「シルバー派遣事業」のページをご確認ください。

シルバー派遣事業のページ



PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無料)が必要です。お持ちでない場合には、下のアイコンより最新のプラグインをダウンロードして下さい。無償でダウンロードできます。